妊娠できない男性

妊娠できないのは男性に理由がある?



ここでは、妊娠できないのは男性に理由がある?のかについて書いています。

男性不妊の原因として、

・先天的な性染色体の異常
・精子の異常
・性交障害
・精索静脈瘤
・飲酒や喫煙


などが挙げられます。

妊娠できないと女性ばかりに意識が向かいがちですが、実は男性側に原因があることも多いのです。

女性側には全く問題がなくても、男性側に不妊の原因があれば、妊娠することはできません。

男性も不妊検査を受けて、治療の必要がないことを早めに確認するのが理想でしょう。


女性だけががんばっても妊娠できない?



こちらのページでは、女性が妊娠するために努力したいことをご紹介していますが、

女性だけががんばっても妊娠できないことがほとんどでしょう。

男性も妊娠に向けた体づくりをする必要があります。

例えば、飲酒量が多く日常的に喫煙していて、寝不足で外食ばかりしていたら、いくら女性側が健康でも受精できません。

女性に任せきりにするのではなく、夫婦で一緒に妊活してください。


妊娠できない原因は女性だけでなく男性の場合もあります。1つはサウナです。精子は睾丸で作られますが、その睾丸はとても熱に弱のです。サウナに入って睾丸が熱くなってしまうと、精子の数も減ってしまい。妊娠できなくなります。もし、旦那様がサウナ好きならば妊活中の場合は控えるように言う方が良いと思います。睾丸を温めてはいけないという点では長風呂も注意が必要です。湯船に浸かる時間が30分以上になれば精子が生産される量も低くなってしまいます。これは短時間ですし、お風呂なので一時的に減少し徐々に回復してくるようです。あまり神経質になってもストレスになってしまいますので、長風呂をしないように気をつけよう程度に考えていて欲しいです。あとは意外なところでぴったりと体にフィットするパンツも妊娠できなくなります。ブリーフやボクサーパンツなどは体にフィットして熱が逃げずにこもってしまいますので、精子を作るのには適していません。男性も妊娠できないようになってしまいますので、できるだけストレスをためずに睾丸に熱をこもらせないようにしましょう。




TOP PAGE