タバコと飲酒の影響について|妊娠できない

タバコと飲酒の影響について|妊娠できない


タバコと飲酒の影響について|妊娠できない

タバコと飲酒というのは、人によっては生活のなかで切り離せない存在です。

このタバコと飲酒は妊娠にどのような影響を与えるのでしょうか。

まずタバコですが、妊娠したいのであればタバコは絶対にやめてください。

タバコを吸うと卵子の質が低下してしまい、妊娠の確率が低くなります。

男性の場合でもタバコを吸うことで、精子数が減少するだけでなく質も低下します。

仮に妊娠したとしても、タバコを吸い続ければ先天性障害や流産の危険性も高まります。

また、自分が吸っていなくても副流煙を吸ってしまうことで、同様の症状が起きてしまいます。

まさに「百害あって一利なし」ですよね。

次に飲酒ですが、週に数日1~2杯程度であれば、何の害もありません。

逆にお酒が好きなのに完全に断ってしまうとストレスを感じて、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ですが、飲みすぎには注意してください。

過度な飲酒は排卵障害を起こす危険性があります。

飲酒はあくまでもたしなむ程度にとどめてください。


アナ雪の主題歌が話題になった松たか子さん、魔裟斗さんの奥さんで、不妊治療の末に妊娠・出産したタレントの矢沢心さん、医師である木下博勝さんとの結婚が話題になり、長期間不妊治療を続けて出産したことで知られるジャガー横田さん、中西モナとして活動していたこともある山本モナさんは不妊治療の末に女の子を授かり、その後、第二子の男の子も出産、女優の千堂あきほさんは長期間の不妊治療の末に女の子を授かりました


TOP PAGE