headband

人間として子どもを育てるということ

HOME >> 人間として子どもを育てるということ

人間として子どもを育てるということ


人間として子どもを育てるということ

正直子育ては精神的にきついことがあります。

寝不足の上四六時中泣きつづけたり、言うことを聞かず口答えする子ども。

私自身も三歳の子どもと1歳の双子を育てているので本当に理性を保つことに必死です。

何回も叫びました。

もういやとも思いました。

虐待する親の気持ちわかりました。

でもやはり思うことは人間なんだから理性をたもって虐待する前でやめなきゃ、哺乳類なんだから最後まで責任もって育てなきゃということです。

そして虐待を減らすためには、もし理性をなくして虐待をしている母親に気づいたら話を聞き子育ての手助けをする、ストレスを軽減させてあげることだと思います。

もちろん父親のほうもいかに子育ては精神的にきついことなのかを理解する必要があります。

そしてまた、子育てに疲れた母親以外でもうめんどうを見たくないというネグレクトや、家庭、仕事でうまくいかないので子どもで憂さをはらすため虐待をしている人を見た場合は子どもの非難やしかるべき場所への連絡ができる社会、そして行政ももっとすぐ動ける体制を作るべきだと思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 妊娠できない原因や理由について詳しく調べてみました

Take2の深沢邦之さんとの結婚が話題になった女優の田中美佐子さんも長期間不妊治療を行い、43歳で出産、プロレスラーの高田延彦と結婚した向井亜紀さんは代理母出産により双子を授かる、タレントの坂上みきさんは卵子提供を受けて53歳で出産、元グラビアイドルのインリンオブジョイトイさんも不妊治療を行い、三人のお子さんに恵まれる、作家の林真理子さんも不妊治療を行い、体外受精により44歳で妊娠・出産、
pagetop