headband

本能ですから仕方がないものでしょうが、宿す性にもなってほしい。

HOME >> 本能ですから仕方がないものでしょうが、宿す性にもなってほしい。

本能ですから仕方がないものでしょうが、宿す性にもなってほしい。


本能ですから仕方がないものでしょうが、宿す性にもなってほしい。

性行為の際に、私は自分が防御します。

ツールはいろいろ流通していますから……。

基本的に性行為の際の男性は、相手との立場がどうあれ、妊娠をさせたい欲望を持っているのです。

だから人類が存続しているのです。

そしていきなり、具体的にコンドームの話になりますが、つけないほうが気持ち良くて当然、素肌のままでどうぞ……をしてあげたいですね。

但し、事前に宿題は出します。

射精の瞬間よりも前に、素早い運動神経で外へ出すことです。

男性の心理はシンプルで面白いものです。

ただただ『中では出さないで』と言うと、余計に妊娠をさせたい本能が、本人の制御もきかなく湧き出るものですが、『運動神経で素早く……』というお題にするだけで、あれまぁどうしたものか、運動神経の良いオレを前に出すことに懸命になります。

人類にとっては愛の行為ですが、その根底があくまでも交尾であることを、双方がよくよく心しておかないと、やっと母体の子宮に宿ったちいさな命が、宿った矢先に悲しい思いをするのです。

行為の途中は制御不能に陥る男性の性を、男性が認識する必要性が大きいでしょう。


当サイトの人気記事

 1番人気! 妊娠できない原因や理由について詳しく調べてみました

妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産、
pagetop