不妊治療は健康保険が適応になる?

不妊治療は健康保険が適応になる?

不妊治療は健康保険が適応になるかというと、適応になります。

初期の一般的な不妊治療は、健康保険が適応となるのです。

そのため、3割負担で不妊治療を受けることができます。

初期の一般的な不妊治療というのは、タイミング法や排卵誘発剤のことです。

タイミング法や排卵誘発剤を使用することで、妊娠できた人は多いんです。

タイミング法や排卵誘発剤は保険適応となるため、1度の費用は大体数千円で済みます。

そう考えると、不妊治療ってあまり高いものではないんだ、って思いますよね。

保険が適応なので、そんなに高くないんです。

しかし、それ以上の不妊治療を受けようと思うと、かなり高額になってしまいます。

どういった不妊治療かというと、高度生殖医療です。

これは人工授精や体外受精のことです。

高度生殖医療になると、健康保険は適応にならないので、自己負担となります。

費用は数十万円。

一気に高額になってしまいます。

でも、各自治体で助成金を受け取ることもできるのです。

各自治体によって金額や対象者などが異なるので、一度お住まいの自治体で確認するといいでしょう。



TOP PAGE